FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


雇用統計のコンセンサスとトレード

2012年02月03日

毎月第一金曜日の日本時間午後21:30(冬時間22:30)に米国雇用統計が発表されます。
全世界が注目するアメリカの経済状況が判断できる経済指標です。
注目されているだけにその内容によってはトレンドが大きく変化するために参加者は雇用統計の発表が近づくと様子見になります。
値動きで言えば、雇用統計の前は値幅も狭くなり閑散相場となりますが、発表後はまさにトルネードのように激しい売買が交わされます。
数秒の間に急上昇しトレンドが発生したかと思えば急降下ということも珍しくないのです。

雇用統計には手も足も出ないのか

トレーダーの中には、このように結果次第で激しく揺さぶられる相場を嫌って「雇用統計の日はトレードを休む」という人もいます。
値動きが激しいことはリスクとも考えられますが、同時にチャンスでもあるのです。
もちろんプランを持たずにギャンブルのように手を出せばヤケドをします。
あなたの資産をあっという間に減らすのに時間はかかりません。

テクニカルは頼りになるのか

トレーダーには「テクニカル派」または「シストレ派」と言われる過去のチャートから値動きを予測してトレードをする人たちがいます。
しかし、残念ながら先ほども申し上げたように発表内容次第でこれまでのトレンドはいとも簡単にひっくり返されてしまいます。
それだけ米国雇用統計は注目されているのです。
それまでの流れから考えて「どう見ても売られすぎ」「この価格はファンダメンタルから見ても守られて上昇へ転換するだろう」という状況で雇用統計の発表を受け、あれよあれよとどんどん下げて「底なし」になることもあります。

参加者の思考に偏りがあればチャンスあり

マーケットにはファンダメンルであれテクニカルであれコンセンサス(事前に想定される意見の一致)が存在します。
このコンセンサスに偏りがある場合、値動きによっては一方向へ動きやすくなります。
例えば「このラインが守られるなら上昇継続だ」「このラインを下抜けてしまうなら上昇期待は裏切られる」というラインが狙い目です。
これは雇用統計という多くの参加者が集まるほど現れやすくなります。

スポンサーリンク



お忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました♪
FXブログをお探しの方はコチラ
人気ブログランキングにほんブログ村
またのご訪問を心よりお待ちしております♪(*’-^)⌒☆


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。