FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


副業としてのFX

2012年03月06日

本業を続けながら収入を増やしたいということであれば、本業とは別に副業の時間をとることになるかと思います。
サラリーマンの方であれば日中の仕事を終えてからになりますので、夜の2~3時間くらい自宅の近くで働けるバイト先を探すことになります。
ただあくまでも本業はサラリーマンですので残業があれば働けない、土日は家族とも時間をとりたいとなると、そんな都合のいいバイト先は見つからないでしょう。

為替は平日24時間いつでも取引できますので、好きな時間に自宅で取り組むことができます。
世界のマーケットをポケットにという記事でも触れましたが、スマートフォンなどのモバイルやノートPCなど、インターネットに接続できれば自宅だけでなく喫茶店でも出張先でも旅行先でも移動中でも取引できます。

そもそも為替取引でなぜ利益を得られるのかというと、

  • 金利を得る
  • 為替差益を得る

この2つの方法になります。

金利

為替取引とは外国為替証拠金取引(以下FX)と呼ばれ、ある国の通貨で他国の通貨を売買することです。
通貨はその国の貨幣ですので国の決定した金利が発生するため、取引される2つの国の貨幣では金利の差が発生します。
保有している金額は同じでも金利によって貨幣の価値が変化してしまうので、その差額を受け取れるという仕組みです。

例えば現在日本の金利は0.1%ですが、オーストラリアは4.25%です。
つまり日本円でオーストラリアドルを買うと、保有しているだけでオーストラリアドルの金利がどんどんついていってしまうため、ほとんどのFX口座では営業日ごとに差額を返還しています。

FXの副業収入を金利で得ようとする場合、金利の発生は1営業日に1度ですので、1日のうちに何度も売買することはありません。
また、2つの国家間の金利差はわずかですので受け取れる金額もわずかです。
このことから長期間で得られる利益が少なくても、副業に避ける時間がほとんどない方に向いていると言えます。

為替差益

よくニュースで「本日の為替相場は・・・」というのを聞いたことがないでしょうか?
1ドル80円ということは、1ドルと80円の貨幣価値が同じであるということです。
そしてこの貨幣価値は、政治・経済・貿易・事件・事故・戦争などなど数え切れない要因で常に変化しています。
2007年6月では1ドル123円でしたが、2012年1月では1ドル76円です。

例えば、1ドル80円で1万ドル購入して、1ドル81円になったところで保有しているドルを売って円を買い戻せば1万円の利益になります(←簡単に説明しています)。
これが為替差益によるFXの副業収入です。

売買の頻度は人それぞれですが、為替レートが常に変動していることから売買チャンスは1日に何度もあります。
また何度も売買するので短期間で大きな利益を得ることも可能です。
このことから1日に2~3時間ほど為替レートを見ることのできる方、または短時間であっても何度も為替レートをチェックできる方に向いていると言えます。

自分の1日のリズム・ライフスタイルや資金、稼ぎたい金額などを考慮した上で副業FXのやり方を決められると良いでしょう。

スポンサーリンク



お忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました♪
FXブログをお探しの方はコチラ
人気ブログランキングにほんブログ村
またのご訪問を心よりお待ちしております♪(*’-^)⌒☆


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。