FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


FXというビジネス

2012年01月27日

現状維持していることは、実はとてもリスクを含んでしまっています。
少しでも将来に向けて改善していくためにFXでの資産形成、資産運用されることをおすすめします。
まだまだ社会の認識不足により、FXや株式などのトレードはギャンブルかのような誤解を持たれることが多いように思います。
また、見方を変えればそういった認識不足のまま、ギャンブルとしてFXを始める人があとを絶たないことも原因のひとつなのかもしれません。

実際にFXで生き残ることの出来るトレーダーは1~2割程度と言われています。
おそらく8~9割の参加者は、ギャンブルであったり、お小遣い稼ぎといった軽い気持ちで始めた結果、資金をなくしてマーケットから去っていったのでしょう。
トレーダーは知識と技術が必要とされる立派なビジネスです。
言い換えれば、真剣にコツコツと継続できる人は自然に生き残っていきます。
なぜなら、いい加減な意識で参加している人たちは勝手に消えていってしまうからです。
利益の出せる人は特別な天才的手法を知っているのではなく、地道に小さな努力を継続できる人なのです。

みなさんは世界の為替市場でどのくらいの金額が売買されているかご存知でしょうか?
1日あたりおよそ300兆円です。
1日あたりです。
数年前、FX取引が流行になり、メディアでも多く取り上げられた時期がありました。
そして一部の人たちは、今はややその盛り上がりもなくなってきたのでは?と言いますが、世界のビッグマーケットだということになんら変わりはないのです。

FXで生き残るということは、世界のフィールドで活躍していることだとも言えます。
しかも通貨取引が世の中からなくなることはこの先100年、200年はあり得ないでしょう。
このようにマッケットで生き残るトレーダーが世界基準のビジネスであることが社会に認識されるにつれ、トレーダーの社会的地位はどんどん高まっていくものと思われます。
副業という位置付けより、もうひとつの本業というつもりでFXに取り組みましょう。

スポンサーリンク



お忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました♪
FXブログをお探しの方はコチラ
人気ブログランキングにほんブログ村
またのご訪問を心よりお待ちしております♪(*’-^)⌒☆


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。