FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


プロフィール

2012年01月27日

ご訪問ありがとうございます<(_ _*)>

管理人のプロフィールです♪
そしてやや長すぎるプロフィールです(;´▽`A“
よろしければお付き合いくださいね!

活発な小学時代

僕の兄が小学生の時から柔道を習っており、
その影響もあって僕も小学校にあがるとすぐに柔道を習うようになりました。

ボランティア(警察官や地域に住む有段者)の方々が
毎週決まった曜日に近くの公民館で教えてくださり、
近隣の5つの小学校から50名くらいが集まっていました。
そのおかげもあって僕は体格のいいぽっちゃり小学生でした(ブヒッ)

小学5年生になったときに担任の先生から
その後の生き方を大きく変える言葉を教えられました。

その先生はもともとバレーボールの選手で体の大きな男性教諭でしたが、
僕らの担任になってから急に音楽の授業を受け持つようになったんです。

大きな体でピアノの前にちょこんと座り、太い指で不器用に鍵盤を弾く先生は、
僕たちにいつもこう言っていました。

チャレンジ精神

できるかできないかはやってみなけりゃ分からないし、
できなかったことでもできるようになるかもしれない。
チャレンジすることから何事も始まるんだよ・・・と。

夏の始まり、僕は職員室にいました。

ぽっちゃり体型で走るのがものすごく苦手だった僕は担任の先生に
「僕を駅伝選抜選手の強化訓練に参加させてください」と申し込んでいました。
もちろん選手として駅伝に出れるはずもないんですが先生は快諾してくれました。

しかし練習は過酷でグラウンドでは何週も他の選手に抜かされながら、
それでも決められた距離を走りぬく地獄のような練習でしたね。

でも走ることが速くなることより、もっと大切なモノを得られたと思います。
その後は懲りもせず水泳の強化訓練にも参加しました(*´ェ`*)

野球一筋の中学時代

中学にあがると友達に誘われて未経験だった野球の世界へ飛び込みました。
小学生の頃は野球と言えば「遊び」の一種でしたが甘かった・・・
3年間はまさにスパルタの環境下でした。

朝はボールが見え始める時間から練習、
夜はボールが見えなくなるまで練習、
ボールが見えなくなったら素振り、
練習も厳しいけど上下関係も厳しい。

血気盛んな年齢ですから同学年同士のケンカも多い。
でもそんな日々を3年間過ごしたことで、
自分の中に大きくて頑丈な基盤を築くことができた気がしています。

音楽に目覚めた高校時代

急にチャラくなったみたいですけど違いますよ^^;
高校1年生の音楽の授業で「自由発表」という課題があったんですが、
そこで僕はピアノでビートルズのイエスタデイを弾いたんです。

まぁ、正直言って演奏は酷かったですけど、
気づいたら音楽の魅力にどっぷり浸かっていました。

当時、僕のまわりではTMネットワークの影響もあって
シンセサイザーが流行っていました。
(僕はBOØWYのファンでしたが・・・)
そこで僕も使い道のなかったお年玉でシンセサイザーを買って
いろんな音にリズムやメロディをつけながら作曲して遊んでいました。

土曜日の夜や夏休みは徹夜で作曲することもよくあるくらいハマってましたね。
もちろん作曲っていっても短いポピュラーな音楽でしたが、
結局そのまま夢を見て上京することになるわけです。

高校は就職率のいい進学校へ通わせてもらっていたので
ずいぶん反対されたし親不幸をしましたが
その時の情熱は抑えられませんでした。

自分に正直に生きたいと思っていた年頃でしたね・・・

素晴らしい出会い

上京してからは様々なバイトでなんとか生活していく日々でした。
今思えばまずしいながら楽しい生活でした。

バイト先でもきつい想いを何度となくしましたが、
すばらしい出会いもありました。

妻との出会い(/▽*\)~

数年が経ち、自分の夢よりも大切なモノを手に入れた僕は、
きっぱりと夢をあきらめて就職の道を選びました。

しかし100年に1度の不況と言われた時代に
新卒でもない、特別な技術や資格もない人間を
雇ってくれるような会社はほとんどありませんでした。

それでもなんとか働かせてもらえた会社には感謝していますが、
労働条件の悪さ、賃金の低さを思えば、
なんとか家族につらい想いをさせたくない・・・
そう思うようになったのです。

副業の始まり

まだ子供も小さかったため、家族に窮屈な生活をさせたくないとの想いから、
副業として始めたのが株取引でした。

しかしそんな想いとは裏腹に、資金はどんどん減るばかり・・・。
自信喪失、絶望、自己嫌悪の中、私は泣く泣くしっぽを巻いて
相場の世界を去っていきました。

私は儲け話に乗るような人間ではありませんし、
簡単に稼げるなんて甘い考えはありませんでした。

世の中にある溢れるほどの情報をどんどん吸収して
努力をしていたにもかかわらず、まったく歯が立たなかったのです。
今思えば、「正しい努力とは何か?」を知らなかったことが原因です。

それからはしばらくの間、以前のようなただ繰り返すだけの日々を送り、
ダメージを受けた精神状態を少しずつ回復させました。

思えば自分はこれまで誰かに誇れるような何かを成し遂げてこれただろうか?
このまま狭い環境に慣れて「事なかれ主義」で生きていて後悔しないのだろうか?

そんな事を考え始め、新たにFXで再起することを決心したのです。

初心者が誰かの手法やテクニックに走る気持ちは痛いほど分かりますが、
それだけでは勝てないのがFXという厳しい世界なのです。

さらに、正しい道標がほとんど存在しないという現状もあります。

僕の場合は運良く、
試行錯誤を繰り返し、あがきながら、
苦し紛れに手にしたFXの教科書に救われました。

これからFXを始める人にとって、
またはFXで勝てずに悩んでいる人にとって、
このサイトがわずか1%だけでもお役に立つことができるのであれば、

きっと・・・

かつて絶望に落ちたあの時の私も
救われるのではないかと思っています。

あきらめてしまえば、そこがあなたにとってのゲームオーバーです。
恐れずにチャレンジしてください!

私は株取引をしていた頃から含めると、
いつのまにか10年近いトレード歴になりました。
自称、かなり遠回りをしたと思います。

書店に並ぶ入門書、独自のテクニカル手法、シグナル、プログラミング・・・
こんな回り道をどれほど続けたか・・・

これから1割の勝ち組に入るには
1、 チャレンジすること
2、 正しい努力を続けること
この2点が大切なんだと、しみじみ感じています。

以上が管理人「じんの」のプロフィールです。
長々とお付き合いありがとうございました♪(*’-^)-☆

今後ともどうぞ当ブログを可愛がって頂けるよう宜しくお願い致します。


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容