FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


失敗からのリベンジ

2012年03月15日

失敗するメンタル

昨日はお恥ずかしながら当日損益がマイナスとなってしまいました。
思い出すだけで頭痛と吐き気がしてしまいますが少しだけ触れて見ます。

そもそも長期的な流れは下降優位でした。
スキャルピングであっても長期の流れに従うほうが有利ではあります。
(もちろん逆へのポジションもとりますが)
中期的な流れを見たところ下降チャネルの上限に近づいているところです。
当然、いつものスタンスでは長期足で下降、中期足での上昇上限、短期足で反落タイミングを計って売りエントリーします。
もちろん、いつも通りのエントリーでしたが、1回目はややエントリーが早すぎたために、わずかな跳ね上がりでストップに引っかかってしまいました。
タイミングをミスしたため、より引き付けて再度売りエントリーするものの、中期足の下降チャネル上限を上抜けてしまいロスカット(泣)。
ニューヨーク市場オープン後の上昇であったため、中期下降チャネルが崩れたと判断して買い目線へ相場観を立て直しました。
そして改めて上昇途中の調整局面を上へ離れたところで買いエントリーしました。

悪魔はすでに忍び寄っていた

ここから、普段では聞こえない悪魔のささやきが聞こえたのです。
(もう2回もロストレードをしているよ・・・)
(これで失敗したら3回も失敗だね・・・)
(3回も続けて失敗することってある?)
(これまでコツコツ積み上げた利益ってカワイイよね・・・)
(失敗したときの自己嫌悪ぶりってホントに最悪・・・)
(ほら、買いポジションがもうすぐ含み損になりそうだよ・・・)
(あ、どうする、このまま下げたらどうする、ほら、どうする?)
わずかな利益を抱えたところでクローズしました(-_-;
結果、そこが押し目となり上昇トレンドへ発展したとさ・・・。
昨日はこんな感じでトータルマイナス。
情け無いかな修行がたりません・・・。

失敗からの回復

むしろ自分に向けたメッセージのようですが(笑)、過ぎた失敗は取り戻せません。
これから再び取り組む必要があります。
ロストレードをしたときの落ち込み方はハンパありません。
FXへの覚悟や真剣度が高いほど、情け無いトレードをしてしまうと気が狂うほど自分が許せません。

(1)時間を空ける
正直、一度ぶっ壊れた精神状態はなかなか戻りません。
一晩、二晩ゆっくり寝て、メンタルを通常に戻します。

(2)まったく違うものに没頭する
散歩や筋トレ、料理などFXとはまったく違うことに没頭することでリフレッシュできます。
トレードは精神や頭を使うので、どちらかというと体を使う方がいいでしょう。

(3)FXをやりたくなるまでやらない
先ほどの(1)と似ていますが、とことん落ち込んでFXがイヤになるようなら「その程度だった」とあきらめてFXをやめましょう。
個人的には、沸々と「こんなもんで折れてたまるか」と自然と立ち上がる勇気が沸いてきます。
それまではゆっくり休むことです。

失敗は成功の母です。
失敗なくして成功はありません。
失敗があるから成功できるんです。
失敗はありがたい。
失敗が自分を強くしてくれる。

・・・と自分に語りかけています(笑)

スポンサーリンク



お忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました♪
FXブログをお探しの方はコチラ
人気ブログランキングにほんブログ村
またのご訪問を心よりお待ちしております♪(*’-^)⌒☆


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。