FX 教科書

スポンサーリンク

管理人(´・ω・`)♪

プロフィール画像

スキャルピングトレーダー
" じんの "


プロフィール

ブログランキング

カレンダー

2020年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FXを始めるならDMM

現在おすすめしている
唯一のFX口座


口座開設手順を
写真で分かりやすく
説明しています
こちら

カテゴリ一覧

スポンサーリンク

サイト内検索

ピックアップ記事


PDCAサイクル

2012年02月12日

PDCAサイクルとはビジネスでよく用いられる言葉で、
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)という継続的な流れを指します。
商品開発や事業展開、経営などにも応用される考え方です。
市場のニーズや切り口のまったく違うアイディアなどから計画を立てて実行してみる。
実行してみると初めて分かることや事故的に発見することもあり、それを数値化するなどして計画通りの結果が得られたのか客観的に評価します。
そして評価に対して問題点を改善し、それをもとにして新たな計画を立てる。

FXトレーダーのPDCA

ではPDCAサイクルをFXトレーダーに当てはめてみると?

  • Plan=チャートから自分の行動や売買基準を設ける
  • Do=Planを忠実に実行する
  • Check=自分の感情の動きから相場の展開まで含めてPlanを評価する
  • Act=改善点を浮かび上がらせPlanへつなげる

Planの段階ではその有用性などまったく分からないため、自分の想定しているイメージをテストするためにも実行します。
Doの段階で注意しなければいけないのは、その場の状況によってPlanを変化させないことです。
どうしてもPlan通りに実行して含み損をかかえてしまうと手段を変えたくなってしまいますが、Planに忠実にDoしないと正しい結果は得られません。
そしてCheckするのは利益や損失だけではありません。
メンタルに負担がかかるような状態ではPlanを継続的にトレード手法として実行していくことはできません。
また資金効率が悪い(ホールド期間が長い割りに利益が小さい)ようでは改善が必要です。
最後にActではCheckによって浮かび上がった案件について次のPlanへどう改善するかを考えます。

スパイラル

まさしくPDCAサイクルはトレーダーの成長にはなくてはならない工程ではないでしょうか。
そして2周3周と繰り返しながら改めて自分を振り返ってみましょう。
PDCAのどこかが甘くなっていませんか?
失敗するトレーダーはPDサイクルに陥りがちです。
一般的に「ポジポジ病」などと言われたりします。
評価もせず改善もせずすぐにポジションを取りたがるのです。
こうなると投資ではなくギャンブルです。
失敗した→メダルを投入→失敗した→またメダルを投入。
人間は学べるのです。
初めから完璧なプランなど立てられません。
実行してみて初めて分かることがあり、それを冷静に評価すれば、そこから改善点が見えてくる。
そして新たなプランを立てて実行する。
これが無理なく成功できる上昇スパイラルなのです。

スポンサーリンク



お忙しい中、最後までお読みいただきありがとうございました♪
FXブログをお探しの方はコチラ
人気ブログランキングにほんブログ村
またのご訪問を心よりお待ちしております♪(*’-^)⌒☆


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。